“American Pie”

今年は音楽・文学系ブログに変身しようかな。
庭のほうは、昨年一年まるまる追いかけたから、新たに何かしたときに記録することにしないと繰り返しだもんね〜

かといって、簡単に書けないから今までほとんど音楽を記事にできてないんだけどね。。
なぜなら、それを語る言葉が無いから。
もちろん自分の能力不足ではあるけど、書くことで生活しているプロの文章見ても音楽の記事なんてあんまりまともじゃない気がするから、難しいんでしょう。
だいたい、作者自身も簡単な言葉にできないからこそ、音楽にするんだろうし。

どこかからの情報をつなぎ合わせてのレコード・レビューしてもしゃあないかな、という気持ちになってるので。
アーティストの経歴や逸話とかを並べてみてもね〜
本人のサイトや、ディープなファン・サイトがすぐに見れるんだし、情報量で勝てるわけも無く。
また、英語力もないので歌詞の解釈もままならず。。

だから、テーマとしてある曲を使いつつも記事の内容は関係なかったり、っていうのが正しいあり方なのかなぁ、なんて思います。

* * * * * * * * * * * * * * * *

American Pie

とりあえず、これ。
Don McLeanの1972年の曲。
この曲の入った同名アルバム「アメリカン・パイ」って、全体で30数分しかなかった気がしますが、この1曲目だけで8分半ある(笑)。
ただし、長いと感じたことは一度も無いですよ、僕は。

最初の子供が妻のおなかにいる間、一番よく聴いていたのがこの曲でした。
歌詞を聴き取ろうと(歌詞カード無かったんで)ひたすら繰り返しかけていたので。
娘がおなかの中でどう感じたかは分かりません。
幸せな時間でしたから、その記憶もあって、1曲だけ好きな曲を選べと言われたら、、、おそらくこの曲を挙げるでしょう。

バディ・ホリー追悼ソング、らしいのですが、歌詞内容は意味がよく分からない。
ボブ・ディラン、ビートルズ、ストーンズなどの影も見え隠れしています。
音楽が死んでしまった、という歌なのか、
まだ死に絶えていない、という歌なのか、すらよく分かってないんですけど、曲を作り歌っている自分がいるわけですから、ポジティブな結論なんだと思うんですが。

この曲をマドンナがカヴァーしていましたが、元の曲を最高の1曲だと思っている僕には非常につらいものを感じるカヴァー・ヴァージョンでした。。
ずいぶん端折ってあったし。
やるんだったら、全曲キッチリ歌ってくれ!
この曲の力が大きすぎるのか、ドン・マクリーンも「一発屋」の仲間にされちゃってるようですけど、、、まだ現役だぜ〜

あ、園芸にからめるとすれば、、、カーネーションが登場しますよ、ピンクのね♪


photo
American Pie
Don McLean
Capitol 2003-06-24
売り上げランキング : 95325

by G-Tools , 2007/01/29



calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
カウンター since 071202
ランキング
できればポチポチと。。

人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
クリック募金
ぜひ!よろしくです。
gremz
selected entries
categories
archives
recent comment
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
                
sponsored links
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM